ワンピース入荷しています

どうも、先日歯医者に行ったとき、麻酔が効かな過ぎて死ぬ思いをした店長です。

 

明らかに僕の様子がおかしいから、歯医者さん何回も「痛かったら言ってくださいね。麻酔追加しますから」と言ってくれたんですけどね。謎のプライドが邪魔して言えませんでした。言ったら負けだったんですよ、なんか。施術終わったとき汗だくでした。拷問で歯をいじるのって合理的だな、と思いました。歯医者を出たとき、冬風で汗が冷えて、なんか切なかったです。

 

期間が空いてしまいました。一回かなりの字数を仕上げたんですが、データが消えるという不幸に見舞われまして。まぁ言い訳ですね、申し訳ないです。このブログを見てきてくださったお客様もいらっしゃいまして、今後頑張って更新していく所存であります。

 

 

 今回も映画ネタです、すみません。

2作品ご紹介します。

 

当店フランス古着を扱っているので、1作品目はフランスを舞台にした作品の紹介です。

 初めは『ポンヌフの恋人』なんてご紹介しようと思ったのですが、いかんせんレオス・カラックスは天才すぎます。凡夫の私に彼の作品紹介は荷が重すぎます。

それなら割とライトな感のあるみんな大好きウディ・アレン監督作品でいきます。ウディ・アレンももちろん天才ですが、カラックスに比べたらだいぶやりやすい気はします。少なくとも撮影で使う橋を頭から作っちゃうような人ではないですからね。あ、『ポンヌフの恋人』も素晴らしい作品なのでぜひ見てみてください。

ソース画像を表示

↑『ポンヌフの恋人

 

まずご紹介する作品は『ミッド・ナイト・インパリ』です。たしかこの作品でもアカデミー賞脚本賞を取っているのではないかな。

僕はとにかくウディ・アレン監督作品が好きでして、DVDボックスも持っていますし、新作が公開されると映画館まで足を運びます。それでウディ・アレン監督の作品を観るために映画館へ行くとけっこう年配の方がいらっしゃる。つまりリアルタイムでウディ・アレン監督作品を観ていた方々なのでしょう。毎年1本は作品を世に送り出す彼だからこそ、ずっと観てくれるファンがいるのでしょうね。これってとてもすごいことですよね。

 

僕はわりと初期の作品が好きでして、『アニー・ホール』や『マンハッタン』がベストだとは思っているんですよね。『アニー・ホール』なんて話も面白いですが、ファッション的にもかなり評価されています。ちなみに『アニー・ホール』冒頭シーンのグルーチョ・マルクスのジョークは僕の座右の銘です(僕を会員にするようなクラブには入りたくない)。

ソース画像を表示

 

話が脱線しております。とにかく近年撮った作品のベストが『ミッド・ナイト・イン・パリ』だと思っているわけです。

 

そもそもウディ・アレン作品というのは、皮肉という独自性を持たせてはいますけれども、基本的にはフェリーニベルイマンを足して2で割った感は否めない気がするんですよね。まぁ、これはウディ・アレンの評価を下げるたぐいのものではありませんのであしからず。

例えば、『ラジオ・デイズ』は『フェリーニのアマルコルド』を彷彿とさせますし、『アニー・ホール』に至りましては『ハッカニブンノイチ』をトレースしたようなもの(賢い彼は途中で気付いたのです)を改変させていきできたという話もあります。また神に関する考察、つまりは「神の不在」なんてのはベルイマンのテーマそのままですし、ある作品においては『ペルソナ』のわかりやすいオマージュなんてのもでてきます。

しかし、重ねて言いますが彼の映画人としての評価を下げるものでは決してありません。むしろ、彼の映画への愛が感じられて、逆に良いです。

オマージュは決して悪いものではないでしょう。サルバトール・ダリは「芸術は出尽くされている」と言いました。真に新しい芸術とはそう簡単には現れないのでしょうね。

ちなみに僕は学問として映画を学んだわけでもないので、これはただの映画好きの一意見です。

 

作品を観られていない方もいらっしゃると思うので、詳しいストーリーは語りません。普通に楽しめる作品だと思います。

ソース画像を表示

マリオン・コティヤールのワンピース可愛いですね・・。

僕はパリに行ったことがないので(買い付けはオーナーが行っています)実際の風景を見たことはないのですが、作品冒頭の描写はとても美しくそのイメージにぴったりです。だいたいニューヨークの作品ばっかり撮っていた彼が、パリを撮っているのもなかなか意外です。たしか2000年代になって、ニューヨーク以外の作品を撮るようになったんですよね。はい、つまりそういうことですね。

基本的には夜の描写が多いです。パリの夜を撮っていたブラッサイという写真家の写真集を持っているのですが、イメージ的にはそこそこしっくりきます。ちなみにこの写真集は店頭に置いてあるので、気になる方は見てみてください。

ソース画像を表示

あと音楽が良いです。これはウディ・アレン作品全般に言えることですけどね。

ちなみにこの作品で使用されている楽曲、ときどき店内で流れています。そのタイミングに当たった方はラッキーということで。

 

お次は『リアリティ・バイツ』という作品です。たしか90年代かな。

最後に見たのはかなり前のような気がします。あまり詳しくはないのですが、ベン・スティラーが監督のようです。全然知らなかった。

この作品はファッション的に観ていてとても面白い。登場人物みな良い恰好していたのですが、特にワンピースが印象に残っていますね。花柄を着ていた気がします。下に画像貼っておきます。

まぁワンピースも可愛いですがウィノナ・ライダーもめちゃくちゃ可愛い。

あれはずるいですね。若いウィノナが見たい方は、ジャームッシュの『ナイトオンザプラネット』をどうぞ。まぁ、『リアリティバイツ』の時も若いですけどね。

イーサン・ホークもかっこいいんですけど、ヴィジュアルというよりキャラが良いんですよね。適当に生きているんですけど、頭が良いんですよ。いきなり、皮肉の定義を聞かれて即答なんてできますかね、普通。

イーサンホークの代表作を聞かれてどう答えたらよいかわからないくらい、あんまり彼のことを知らないのですが、『ガタカ』のファッションは『リアリティバイツ』とまったく違っていて、逆に良かったですね。

『リアリティバイツ』では割と野暮ったかったイメージがあります。対して『ガタカ』ではだいぶスタイリッシュでした。ほぼスーツじゃなかったっけな。

ソース画像を表示

↑『リアリティバイツ』

ソース画像を表示

↑『ガタカ

 

『リアリティバイツ』も普通に話が面白いので楽しめると思います。ぜひご覧になってください。

 

 

さてさてarman tokyoではワンピースを大量入荷しております。

ウィノナ・ライダーが着ているような花柄からマリオン・コティヤールが着ているような少しクラシックなやつまで、いろいろとご用意があります。

詳しくはインスタグラム(@arman_tokyo)で見てみてください。着画もあります。

 

それではこれくらいにして。

レースについて

どうも、ARMAN TOKYO店長です。

寒いです。東京ってこんなに寒かったっけ・・。

 

本日のブログもまた映画の話からスタートしようと思います。

これはけっこうお気に入りの映画でして、皆さんにもぜひ観ていただきたいと思っています。

それは、『嗤う分身』という映画です。あんまり有名な映画ではないですかね。リチャード・アイオアディ監督。勉強不足でしょう、存じ上げない監督でございます。

この作品、原作がドストエフスキーなんです。原題は『二重人格』。たしか『貧しき人々』で作家として華々しくデビューした著者が意気込んで書いた二作目ですね。駄々滑りしたようですが、二作目とはだいたいそういうものなのでしょう。

 

さて、この『嗤う分身』がどういう作品かと申しますと(『ロックストック』のときあらすじを話さなかったのはお忘れください)、主人公瓜二つの人間が突然現れて、主人公が困ってしまうといった感じの作品です。だいぶざっくりですみません。そして困っちゃうのは周りじゃなくて主人公。周りはなんと普通に受け入れちゃいます。ドストエフスキー作品において不条理さというものは散見されるわけですが、『嗤う分身』という作品はまさに不条理。原作のイメージを壊さないあたり、好感がもてます(積読していて原作読んでいないけど)。まぁしかし見ているとなかなかにつらくなります。気分が晴れやかになる映画ではございません。

分身と言いますと、思い浮かぶのはたとえばドッペルゲンガーでしょうか。しかしドッペルゲンガーという現象は、それを見てしまうと本人は死んでしまうというのでまた話は変わってきます。『嗤う分身』において分身君は同じ会社で働くわけですから。また、イングマール・ベルイマン(僕の一番好きな監督です)の『ペルソナ』なんかもある種分身の話なわけですが、あれは主人公の精神世界の話のようにも思えます。他者との接触はほとんどありません。

たしか安部公房が似たような話を書いていました。タイトルは忘れてしまったのですが、小説の冒頭でドストエフスキーへの言及がありましたし、意識はしていたのでしょう。

分身について考えだすときりがありません。非科学的で、論理的に考え難い事象ですから(僕はそう思っています)。だからまぁ、この手の作品は深く考えたら負けのような気がします。映像と音楽をただ楽しむ、それでよさそうです。

 

映像という観点において、この作品における特異な点は、ずっと夜という演出でしょう。常にダーティーな雰囲気が流れています。もし昼のシーンがあったらすみません。太陽の光というのは、人間の精神衛生上なかなか重要なものであるらしいです。それを上手く逆手に取られた気がします。

あと、たしか日本の歌謡曲が途中で流れるんですよね。アキ・カウリスマキ監督の作品でもこういう演出はありますが、やっぱり多少なりともテンションは上がるものです。作品の雰囲気と歌謡曲が見事にあっているんですよね。

 

さて特筆すべきもう一つの点は、レースの可愛いさでございます。ミア・ワシコウスカが着るレースがめちゃくちゃ可愛いのです。

そもそもミア・ワシコウスカがめちゃくちゃ可愛いんですよね。あのどこかダークな雰囲気がたまらないです。パルパティーンも思わずダークサイドに勧誘しちゃうんじゃないでしょうか。

それなりに有名な女優であるミア・ワシコウスカですが、僕のイメージだと『永遠の僕たち』『オンリーラヴァーズレフトアライブ』『嗤う分身』なんですよね。

その中でもトップは『嗤う分身』ですね。まぁ、『オンリーラヴァーズレフトアライブ』のミア・ワシコウスカも激カワではありますが。あの感じで吸血鬼の設定はずるいですよ。忍ちゃんもびっくりです。

どの作品のミア・ワシコウスカが良いかで議論の余地はありそうですが、あっちのミアよりこっちのミアです、僕は。

そんなミア・ワシコウスカなんですが・・・おっと、今日のテーマはレースでした、危ない危ない。

 

作中、そんなに多くのシーンでレースを着ていたわけではないのですが、あるシーンのレースがとても可愛いかった記憶があります。その記憶を思い出しつつ、このブログを書いております。

やはり添付は憚られますので、ぜひ映画をみて確認してみてくださいませ。

 

そんなこんなで本日はレースのご紹介でございます。

まず一着目

handmade lace blouse

f:id:arman-k:20181215210144p:plain

フランスのマダムが手作りで作っているシリーズでございます。

何枚かご用意がありまして、それぞれレースの雰囲気が違います。

最初着用されたときは生地に張りを感じるかもしれませんが徐々になじんでいきます。

古いレースなどが素材として使われているので雰囲気が素晴らしいです。

f:id:arman-k:20181215210239p:plain

 f:id:arman-k:20181215210312p:plain

二着目は少し趣向を変えて

1950~60` over dyed vintage blouse

f:id:arman-k:20181215210356p:plain

 f:id:arman-k:20181215210448p:plain

当店オリジナルのレシピで染めたヴィンテージブラウス。

なかなかこの年代のブラウスもみつからなくなってきているようで・・。染めていないバージョンもありますので、ぜひ店頭にてご確認ください。

しかし、他にはない絶妙な色合いになっていると自負しております。

画像だと伝わらない部分もありますので、ぜひ店頭にて色味をご確認ください。

こちらも何着かご用意があります。お気に入りを見つけてください。

 

レースは良いですね。とても良いです。

また長くなってしまいました。

それでは、ご来店お待ちしております。

チェスターコートについて

ARMAN TOKYO店長です。

 

いよいよ寒くなって参りました。

少し前まで暖かかったのが嘘のようです。

 

僕の地元は宮崎なのですが、南国と言えど普通に寒いです。「宮崎って冬も暖かいんでしょ?」と聞かれることは多々ありますが、普通に寒いです。「宮崎って冬ないんでしょ?」と聞かれることも多々ありますが、普通に寒いです。

はい、普通に寒いです。

そして南国育ちの人間は、もちろん個人差はあるとは思いますが、寒さに弱いです。普通に冬は寒い地域なのに、寒さに弱いってのもおかしい気はしますが、そこには深く触れずに先に進みましょう(つまりこれは、だいぶ僕の主観に依存している判断でございます。統計を取ったわけではないのであしからず)。

 

そんな南国育ちで寒さに弱い僕ですが、冬は好きです。

なぜなら、僕はコートが、特にチェスターコートが好きだからです。寒さ万歳でございます。

まぁ僕は年中丈の長いものを着ているので、特別冬限定ということもないのですが、やはり裏地がついていて、ある程度生地に厚みのある「ちゃんとした」チェスターコート(薄手のチェスターがちゃんとしていないということはありませんが便宜上こう定義します)を着ることができるというのは格別であります。

 

もちろん流行りということもありまして、チェスターコートというものは一着は誰もが持っている洋服であるとは思います。しかし、だれもが持っているからこそ、僕はチェスターコートに対して特別の思いを、おそらく平均以上の愛を持っていると自負しています。

 

偏愛がなぜ生まれたのかを御説明致しますと、つまりそれはある一本の映画が原因なのです。

『ロックストック&トゥースモーキングバレルズ』(以下ロックストック)というのがその映画です。マドンナの元旦那ガイ・リッチー監督の出世作ですね。映画好きの方からするとえらくベタなところにいったな、と思われるかもしれませんがあしからず。初回なのであえてベタにいきます。

ガイ・リッチー監督は最近だと『シャーロック・ホームズ』が有名でしょうか。そちらについても語ることは溢れんばかりにありますが、今日はひとまず前者について話しましょう。見てない方もいらっしゃるでしょうし、ストーリーにはあまり触れないことにします。まぁ、それなりの複雑さを持った話なので、要約の技量がない僕に語ることはそもそもできなかったとは思いますが。

 

『ロックストック』はまず脚本の構成が巧みです。いろいろなところで物語が同時に進んでいき、最後には綺麗に収斂します。一見理解し難そうですが、そこを上手く仕上げているのがガイ・リッチーの手腕でしょう。この手の映画を撮らせたら彼の右に出るものはいない気さえします。

そして、なにより登場人物がかっこいい。後に詳しく触れますがとにかくかっこいいのです。

何年か前に某雑誌でかっこいい映画100選的な企画がありましたが、『ロックストック』もランクインしていた記憶があります。それはつまり、主観を排し、客観的に見てもそれなりにかっこいいということであると思います。万人受けするというとまた違う気もしますが。

どうしても、かっこいいけれど面白くない作品というものは存在すると思います(ジムジャームッシュ監督の『パーマネント・バケーション』は僕の中でその典型です)。おそらく僕の理解力の無さも『パーマネント・バケーション』においては関わってきていますが、『ロックストック』はおもしろさ・かっこよさどちらも秀でていると僕は思います。

 

『ロックストック』を初めて観たのは19歳の時でした。僕は比較的ファッションというものに関心を持つのが遅かったと思います。大学に入り、古着というものを初めて買ったのもその頃でした。

そしてこの映画作品が、以後僕の洋服をある程度規定していくことになりました。

 

『ロックストック』の舞台はイギリスなのですが、僕のその頃のイギリスという国のイメージは、とにかく紳士的というものでした。ジェントルマンの文化といいますか、服装にしても何にしてもとにかく紳士。もちろんそういう面はイギリスっぽさではあると思います。その紳士さにあこがれを抱いていたこともありましたが、そのイメージを良い意味で壊したのが『ロックストック』でした。

 

まぁ、とにかく『ロックストック』では洋服をラフに着ます。

ロンドンの下町が舞台というのもあるのでしょう、悪い言い方をあえてするなら不良っぽい感じです。

どの登場人物が着る服もある程度かっこいいのですが、その中でも目を惹かれたのが今日のお題のチェスターコートです(ようやく辿り着くことができました)。

僕のイメージにおけるチェスターコートはとにかく紳士的なものでした。かっちりきっちり。田園を臨みながら紅茶を飲み芸術の話をする高貴な方々が着るイメージです。しかし、『ロックストック』の登場人物はそれをラフに着てしまう。初めて観たときはえらい衝撃でした。前述のとおりコートのみならずほかの服ももちろんかっこよかったのですが、次の日大学をさぼって買いに行ったのはチェスターコートでした。

 

もちろんかっちりしたチェスターコートの着方が悪いとは言いません。そのような着方も僕はしますし、かっこいいとも思います。

しかし、僕にとってあの着こなしのインパクトを越えるものもそうないなとは思います。19歳という青春真っ只中(遅いでしょうか)にいた店長青年の脳裏に、それは永遠焼き付くことになってしまいました。一種の根本的な、つまり土台となる思想が生まれてしまったのでした。

ちなみにチェスターコート着こなしかっこいい映画の次点は『ドラゴンタトゥーの女』ですね。デヴィッド・フィンチャー監督作品特有のダークな雰囲気も相まって、ダニエル・クレイグの着るチェスターコートはとてもかっこよく見えます。

 

まぁ、しかし大げさですが、『ロックストック』を観たというのは、転機と言える貴重な映画体験でした。それからずっと僕はチェスターコートが好きです。毎年買い足している気がします。

 

というわけで、僕はチェスターコートをお勧めするときだいぶ力が入っているかもしれませんが、それは愛ゆえでございます。

 

ネットで拾ってきた『ロックストック』の画像をぺたぺた貼っていこうと思いましたが著作権的なやつが怖いので貼っておりません・・TSUTAYAへGOしてぜひDVDを借りて観ちゃってください。そして店頭にて語らいましょう。

 

さてさて、だいぶ最後になってはしまいましたが、2着のチェスターコートをご紹介させて頂きたいと思います。

 

 まずは

DKNY Chesterfield coat

f:id:arman-k:20181214142752p:plain

 

王道、プレーンなチェスターコート。私服はもちろんお仕事でも使って頂けるかと。

特筆すべきは素材とサイズ。

素材はカシミア100%。とにかく軽い。そして暖かい。

サイズはメンズのMくらいでしょうか。ゴールデンなサイズです。古着のコートというとどうしてもサイズが・・と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご心配なく。

昨今の主流に反するタイトなフィッティングは今だからこそ逆にアリだと思います。

f:id:arman-k:20181214142837p:plain

 

2着目

COMPTOIR DES COTONNIERS Chesterfield Coat

f:id:arman-k:20181214142919p:plain

 

こちらもシングル。形はプレーン。サイズはこちらもメンズMほどとゴールデン。

着用時のシルエットがとても綺麗です。

素材に麻が使われています。独特の風合いがあってよいです。

f:id:arman-k:20181214143004p:plain

 

他にもコート類はプレーンから変り種まで充実しております。

ぜひ店頭にて好みの一着をお探しください。

 

さて、気付けばその辺の大学生が書くレポートくらいの長さになってしまいました。

こんな感じで、できるだけ更新頑張ります。それでは。

 

ARNAN TOKYO店長

ブログ開設

下北沢の古着屋ARMAN TOKYOの店長です。

 

このたびブログを開設致しました。

 

洋服のことだけでなく、映画・本・日常のことなど色々と書いていければ良いな、と思います。

 

まずは、はじめましての方が多いと思うのでお店の紹介から。

 

ARMAN TOKYOは下北沢にて11月10日にオープンしたばかりのヨーロッパ古着屋です。

 

詳細不明のフランス人ARMANのクローゼットをイメージしている店内には、フランス買い付けのレギュラー・ヴィンテージの古着が並びます。

ヨーロッパ古着屋で、レギュラーをメインでやっているお店って意外とないのかなと。ヴィンテージが主流な気がします。

 

また、サイズ・状態には特に気を使っているので、古着好きの方はもちろんですが、古着初心者の方にも満足いただけるかと思います。

 

メンズ・レディースどちらも取扱いがありますが、あまり性差を意識していません。

カップルさんの来店もウェルカムです。楽しく服を選んで、愛を深めてお帰りいただけます(サポートはお任せください)。

 

基本的には、毎週入荷がありますので、来店されるたびに新しい出会いがあるかと思います。

 

流行り廃りは世の常であるとは思いますが、そういったことにとらわれない洋服をお探しの方、必ずお気に入りの1着が見つかるかと思います。

 

商品は毎日instagram(@arman_tokyo)にて紹介しています。

 

それでは今日のところはこれまでにして。ご来店お待ちしています。

 

ARMAN TOKYO 世田谷区代沢5ー32ー7八千代ビル202